Elkdune@海月のヨーロッパ旅行記です。二週間の間徒然と綴っていきます
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
Twelfth trip『ブレーメンの珍劇隊』
2012-03-13 Tue 06:08
現地時間以下省略!!こんにちは、海月です!!今日は怒濤の二記事更新だよ!激動のベルリン日記は前の記事を読んでね!

コメント返信
>>ママン
とりあえず納豆とみそ汁を頼む!またはカレー!あと米!!
帰りはまた連絡するぜ!おみやげは期待するな!!

>>ノイヂ
生きとるわ!wifiねーんだよ!ピザは外国で食うに限るぜー
ベルリンは首都だからな!そりゃー近代に決まっておろうて!

>>rad氏
オーストラリア美女との写真はまだかー!衛生兵早くー!!

というわけで今日はグリム童話のブレーメン音楽隊で有名なブレーメンへ行ってきました!

ブレーメンへはベルリンから2時間ほどで着ける、中部ののどかな街です

いつもは……な

そう、今回は違ったんです。移動日当日、ベルリン中央駅でブレーメン行きのホームで俺たちを迎えたのは……

緑色とオレンジ色の軍団でした………

すごい勢いで道を通り過ぎていくオレンジと緑のタオルを振った集団……何事かと思うと全員が何やら叫んでいる

『フットボー!フットボー!フットボー!フォー!フォーフォー!○×△□……』以下聞き取れず

あぁ……サッカーの試合があるのね……

どうもその日ブレーメンで大きなサッカーの試合があるらしく、全員テンションあがりまくってタオルを振っている。その中に取り残されるキャリーケースを抱えた日本人三人。き、気まずい……

しかも事前に調べておいた列車に乗り込むとビールを片手に騒ぎまくる緑とオレンジの軍団だらけ……

で、端に座っていたおじさんが寄って来て一言

『この列車、サッカー観戦車のための貸し切り列車だけど君たちもブレーメンにサッカー観戦しにいくの?』

ナニソレ……聞いてないんですけど……

そんなわけで大幅にベルリン出発が遅れ、二時間かけてようやくブレーメンへ。しかしそこでも緑緑オレンジオレンジ

ちょ……勘弁してくれ……

しかもすごいのは警官の数。ほぼ5m間隔に一人警官が立っている。どんだけ警戒してるんだこいつら……と鼻白んだ瞬間

パパパパーン!!

とそこらたしで爆竹が炸裂。駅構内盛り上がりまくり。そしてビールのふたがやたら宙を舞う

もうやだ……

幸い爆竹に飛び上がった自分らに警官は『大丈夫かい?』と声をかけてくれ、無事に駅を出る事が出来た

サッカー観戦の盛況を抜けばブレーメン駅はとても綺麗。赤レンガが印象的なおしゃれな駅です


駅を抜け、市庁舎街へ。ブレーメンは小さな街なので、観光スポットはほぼ中央のマルクト広場に集中しています

市庁舎へ向かう途中の端から風車を発見!


マルクト広場入り口のグリム童話の銅像


マルクト広場の市庁舎と聖ペトリ大聖堂




近くから市庁舎を。何とも豪勢な建物である


そしてここには有名なあれがあります

そう、ブレーメンの音楽隊の銅像です!


一番下にいるロバの足に触ると幸せになれるんだとか。早速あやかってみる

その後地元の時計師ロゼリウスの建築したベットヒャー通りを抜ける


ブレーメンのマンホールはとっても個性的!


そんなこんなで怒濤のブレーメン観光は終了。明日は最後の街、ドイツ第二の都市、ハンブルクから……と言いたいところですが現在この日記書いてるの、ハンブルクからなんです……残念ながらハンブルクではショッピングにほぼ一日を費やしてしまったので記事に出来るほど量がないんですよね……というわけでついでにハンブルクの文もお送りしますね

ハンブルク市庁舎。こちらもブレーメンに勝るとも劣らずの豪華さ。てゆーかこれが市庁舎て……広すぎだろjk…


内湖からハンブルクの街を見る


大理石作りのスタバ。なんともオサレ


流石はドイツ第二の都市、市街地にはブルガリやヴィトン、オメガ等高級店がズラリ

無印があったぞ!?


連れがテンションだだ上がりでヴィトンの鞄をあさっていました

各自思うようにショッピングを終え、ハンブルクでの一日も終了。そしてこの街を持ってヨーロッパ旅行全ての都市に無事回りきる事が出来ました

残るは明日、ハンブルク国際空港からの飛行機に乗る事が出来れば言う事はありません。日本よ、今帰るぜ……

あ、ところで一言言いたい

米くいてえええええええええええええ!!!

ブレーメンの音楽隊像前から


そんなわけでハンブルクでへべれけ状態になりながらお送りしました。明日はいよいよ帰国だ!あでゅー!
スポンサーサイト
別窓 | ドドイツ旅行記(3/6~3/13) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Thirteenth trip『帰国の途へ』 | Elkdune's Trip Diary | Eleventh trip『そうだ、ベルリンへ行こう』>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| Elkdune's Trip Diary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。